マスタデータとは? わかりやすく解説

IT用語としてよく聞く「マスタデータ」(もしくはマスターデータ)についてわかりやすく解説していきます。

マスタデータとは

マスタデータ(英:master data)とは、基礎となるデータのこと。

よく「商品マスタ」や「顧客マスタ」などと表現されたりします。

具体例

わかりやすいように具体例を図にしてみました。

りんごやみかんのような商品のデータは名前と値段を持っており、商品マスタです。

購入されたのち購入データにマスタデータのIDが参照されます。(トランザクションデータといいます。)

このようにマスタデータは基礎の情報をもち、他のデータから参照されるデータです。

モグモグさん

マスタデータを最初に準備しないと他のデータを作ることは基本できないので大元となるデータだよ

マスタデータがないとどうなる?

モグモグ商店で、購入データにマスタデータを参照しないとどうなるでしょうか?

例えば、みかんの値段が変わったりした時にデータの整合性が取れなくなってしまいますね。

つまりマスタデータは一元的にデータを管理しておきデータが破綻しないようにするための仕組みでもあります。

まとめ

マスタデータのまとめです。

  • マスタデータは基礎となるデータで、他のデータから参照される
  • マスタデータを使うことで一元的にデータを管理できる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。