製品やサービスが広まっていく流れをマーケティング理論を用いて解説

今回は有名なマーケティング理論をもとに、製品やサービスがどのように広まっていくか、ユーザーに受け入れられていくのかを解説していきます。

イノベーター理論

まずはイノベーター理論について解説します。

イノベーター理論とは

新しい製品やサービスが市場にどのように普及していくかを表した理論です。

1962年にスタンフォード大学のエベレット・M・ロジャーズ教授が提唱しました。

イノベーター理論は、ユーザを5つの層でグルーピングし、それをもとに戦略を立てていくことが推奨されています。

イノベーター理論

5つの層を説明

イノベーター

全体の2.5%の割合のユーザーです。

イノベーターは、「新しいもの」に1番の価値を感じ、積極的に新しいものを導入します。

アーリーアダプター

全体の13.5%のユーザーです。

アーリーアダプターは、今後来ると思う製品やサービスを導入します。

トレンドに非常に敏感で常にアンテナを立てています。

アーリーマジョリティ

全体の34%のユーザーです。

アーリーマジョリティは、トレンドに敏感ではありますが、導入する際は慎重で

アーリーアダプターの声に影響されます。

レイトマジョリティ

全体の34%のユーザーです。(アーリーマジョリティと同割合)

レイトマジョリティは、トレンドに対してそこまで敏感ではなく導入に慎重な層です。

製品やサービスを利用する層が多数派になった際に導入します。

ラガード

全体の16%のユーザーです。

ラガードは、新しいものの導入に対してかなり慎重です。

製品やサービスが定番になった場合に導入します。

製品やサービスが広まる流れ

イノベーター理論を用いると、下記のような流れになります。

STEP1
イノベーターが利用
新しいものが大好きな2.5%の割合のユーザーが利用
STEP2
アーリーアダプターが利用
トレンドに敏感かつ今後流行ると判断した13.5%の割合のユーザーが利用
STEP3
アーリーマジョリティ
利用に慎重で、STEP2の意見に影響された34%の割合のユーザーが利用
STEP4
レイトマジョリティ
利用に慎重で、利用するユーザーが多数派に達した時に34%の割合のユーザーが利用
STEP5
ラガード
利用にかなり慎重で、製品やサービスが定番になった時に16%の割合のユーザーが利用

新しいサービスを展開する方は、どの層にアプローチしているのかを理解することが大切ですね。

モグモグさん

利用する側の皆さんは自分がどの層にいるのかを考えてみるのも面白いですね

普及する場合としない場合の分かれ道とは

普及する製品やサービスとそうではないサービスの分かれ道キャズム理論を用いて説明します。

キャズム理論とは

ジェフリー・A・ムーア氏は、イノベーターとアーリーアダプターを初期市場とし、その他の3つの層をメインストリームと定義し、その2つの層の溝をキャズムとしています。

そしてキャズムを超えていくことが製品やサービスを広める(市場開拓)において重要だと唱えました。

それがキャズム理論です。

分かれ道

キャズム理論を用いると、メインストリーム(アーリーマジョリティ/レイトマジョリティ/ラガード)にアプローチできるようにすることが普及していくか、そうでないかの分かれ道になります。

まとめ

有名なマーケティング理論をもとにして、新しい製品やサービスが広まるプロセスについて解説しましたので、まとめます。

  • イノベーター理論ではユーザーを5つに分類し普及の流れを定義
  • 製品やサービスを広げるには、メインストリームにアプローチすることが必要

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。