10月上旬の北海道旅行・服装はこれが正解!実体験をもとに紹介

こんな人にオススメ
  • 10月上旬に札幌・小樽に行くけどどれくらい寒いかわからない
  • 服装で失敗して現地で浮きたくない
  • 持ち物は必要最低限にしたい

どのサイトをみても「10月からはコート必須」と書いてありますが、10月上旬の札幌小樽はそこまで寒くありません。

基本の服装は「長袖・長ズボン・薄手の羽織もの」これでOK。

手袋やマフラーもいりません!

実際に「札幌・小樽」観光をしてわかったベストな服装をご紹介します。

10月上旬の北海道旅行・基本の服装

10月上旬の札幌・小樽の気温は最高20℃/最低10℃前後。

東京とくらべると5℃前後低いです。

東京では半袖でも過ごせる日が多いですが、北海道ではさすがに半袖だと浮いてしまいます。

基本の服装

基本の服装は「インナー・薄手の長袖・長ズボン・スニーカー・羽織もの」。

朝晩は少し冷えるのでニットカーディガンやスプリングコートくらいの軽めの羽織ものがあるといいです。

注意

「もいわ山」の夜景観賞など、夜に長い間外にいる場合はヒートテックなどを着たほうが安心です。日中の観光であればヒートテックはいりません。

実際の服装

20代女性が実際に札幌・小樽観光をしたときの服装はこちら。

服装写真

秋ニット・ワイドパンツ・スニーカー・くつした・半袖インナー(写真外)・ニットカーデ(写真外)

この格好で快適に過ごせましたし、現地の人も同じような格好をしていて浮きませんでした。

モグモグさん

ちなみにカイロもいらないよ!

――――――――――

基本の服装はありますが、 その日の天気によって気温がだいぶ変わります。

そこで次は、「晴れの日の服装」と「曇り・雨の日の服装」にわけてご紹介します。

晴れの日の服装

小樽写真

晴れている日の日中は、最高気温が22℃ほど。

観光中は「長袖・長ズボン」で汗ばむくらいでした。

なので「半袖・羽織れるシャツ・長ズボン」で調整するのがいいです。

ただ朝晩は冷えるので、 1日観光する場合はちゃんとした羽織ものを持ち歩いたほうがいいです。

曇り・雨の日の服装

札幌写真

曇り・雨だった日の気温は、日中で15℃ほどでした。

服装は「長袖・長ズボン・ニットカーディガン」でしたがそれでも少し寒く感じました。

寒がりな方は、ヒートテックをもっていって調整するのがオススメです。

ただ札幌・小樽観光であれば、基本的に室内で過ごす時間が多くなります。

なので 荷物を最低限にしたい人は、「長袖・長ズボン・羽織もの」さえあれば十分です。

まとめ

「秋冬の北海道=寒い」というイメージがありますが、10月上旬の札幌・小樽は涼しくて過ごしやすい気温でした。

北海道の地域によっても気温差はあるので、札幌・小樽以外の観光をする人はもう少し着込んだほうがいいかもしれません。

服装の準備をばっちり整えて、北海道観光を満喫しちゃいましょう!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。