野球の打率とは?計算方法についてもわかりやすく解説

野球の打率について

野球では「3割バッター」「打率3割いけばいいバッター」など言われますが

その打率についてわかりやすく丁寧に解説していきます。

打率とは?

打率は「最も良く使われる打者の成績の指標の1つ」で「安打を打つ確率」のこと。

打率を知ることで、いい打者なのかそうでないのかがわかります。

メモ

英語だと「batting average」(バッティングアベレージ)といいます。

日本語でも打率のことを「アベレージ」と言うこともあります。

モグモグさん

打率が高い = 安打を打つ確率が高い

つまり高ければ高いほど優秀なんだね!

打率の計算方法

打率の計算方法について解説します。

打率の計算方法

安打数 ÷ 打数 = 打率で計算できます。

それによって安打を打つ確率を求めることができます。

読み方は、「○割○分○厘」(わり/ぶ/りん)と読みます。

書き方は、「0.333」または「.333」と書いたり、読み方と同じく「3割3分3厘」と書いたりします。

つまり、打席に立った回数の内どれだけ安打を打てたかになるので

その数字が良いのか悪いのかで打者を評価することができるということです!

補足

プロ野球などでシーズンの終わりに決める首位打者は、打率が一番いい打者が取れる賞です。

つまりシーズン内で最も安打を打つ確率が高い打者ということになります。

モグモグさん

計算式で出てきた安打打数についても詳しく解説していくね!

安打とは

安打とは「単打」「二塁打」「三塁打」「本塁打」のこと

それぞれの用語メモ

単打: シングルヒット(ヒットを打って1塁に進むこと)

二塁打: ツーベース(ヒットを打って2塁に進むこと)

三塁打: スリーベース(ヒットを打って3塁に進むこと)

本塁打: ホームラン(ヒットを打ってホームまで進むこと)

1塁に進んでも、相手がエラーしたりする場合は安打にカウントされません。

打数とは

打数とは打席に入った数から「四死球」「犠打」「犠飛」などを除いたもののこと

それぞれの用語メモ

四死球: ファーボールとデッドボール(四球と死球)

犠打: バント

犠飛: タッチアップ(三塁にランナーがいるときに、フライを打って三塁ランナーが本塁に生還すること)

結構細かいルールがあるのですが、「ヒットを打つチャンスがある打席のこと」と覚えておくといいと思います。

打席はバッターボックスに立ったときにカウントされます。

1試合で3回打席に立つとします。

結果がファーボール・ヒット・エラーだとすると

3打席で2打数1安打という結果になります。

打率は0.500です!

打率はどれくらいあるとすごいの?基準は?

プロ野球では、3割(0.300)以上が一流打者の目安

2015年から2018年までの平均打率を表にしてみました。

セリーグパリーグ
.249.256
.253.259
.251.250
.259.254
引用: NPB.jp 日本野球機構

平均の打率をみると3割の凄さがわかります。

モグモグさん

3割はすごいけど、10回で3本しか安打を打てない計算で、失敗の方が多いんだね!

打率のまとめ

野球の打率について解説しました!

最後に要点をまとめておきます。

打率のまとめ
  • 打率は安打を打つ確率(打率が高ければ高いほど打者として優秀)
  • 打率は、「安打数 ÷ 打席数」で計算できる
  • プロ野球では打率3割(0.300)を超えると良い打者と評価できる

近年ではOPSという指標も良く使われます。

野球のOPS野球のOPSとは? 計算方法や基準などわかりやすく解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。