【スマホやパソコン】通信速度の目安と測定方法を解説

毎日スマホやパソコンでインターネットをしていますが、ストレスなく快適に楽しみたいです。

そこで今回は、通信速度の目安と測定方法について解説します。

記事を読むと分かること
  • 通信速度の「速い」「遅い」の目安が分かる
  • KbpsやMbpsなどの速度の単位と意味が分かる
  • 上り(アップロード)や下り(ダウンロード)の意味が分かる
  • 通信速度の測定方法が分かる

結論(忙しいあなた向け)

快適にインターネットをするための目安としては、20Mbps〜25Mbpsです!

20Mbpsあれば大抵のことはストレスなく快適に利用できます。

モグモグさん

それでは詳細に説明していくよ〜

通信速度の測定方法

まずは自分のスマホやPCで測ってみるとこの後の内容を理解しやすいので

測定方法から解説します。

超簡単に測定できるので、とりあえず測ってみましょう!

モグモグさん

先に速度の目安を知りたい方はこちらへどうぞ!

Googleで「スピードテスト」と検索

Googleで「スピードテスト」と検索すると接続テストが開始できます。

特徴として測定後に、速いのか遅いのか、何ができるかをフィードバックしてくれます。

Netflixが提供するfast.comで測定

https://fast.com

Netflixが提供するサービス。

アクセスするとすぐ測定開始してくれます。

特におすすめです!

speedtest.netで測定

https://www.speedtest.net

Goを押すと測定が開始されます。

広告が表示されたりするので、特にこだわりがなければ上2つのどちらかを使うのがいいと思います。

通信速度の単位と上り・下り・レイテンシー

速度を測定してみると、こんなワードができてきます。

通信速度を理解する上で重要なので、それぞれ解説していきます。

重要ワード
  • KbpsやMbps
  • 上り(アップロード)や下り(ダウンロード)
  • レイテンシー

KbpsやMbpsとは

通信速度は、bps(ビーピーエス)という単位で表されます。

bit per second」という意味で、1秒間にどれくらいのbitを転送できるかを意味します。

KbpsとMbps、Gbpsは下記のようになります。

  • 1Kbps(キロ) = 1,000bps
  • 1Mbps(メガ) = 1000Kbps
  • 1Gbps(ギガ) = 1000Mbps

モグモグさん

大きければ大きいほど速いよ!

上り(アップロード)と下り(ダウンロード)とは

上りと下りは、利用者側からの通信の方向を表しています。

上り(アップロード)

データを送信するときに使われます。

例) メールの送信や、ファイルのアップロードなど。

下り(ダウンロード)

データを受信するときに使われます。

例) メールの受信や、Youtubeの閲覧など。

メモ

インターネットや動画視聴をする場合などで快適さを感じるためには、

下りの速度の方が重要です。

レイテンシー

アクセスしてから、返ってくるまでの遅延時間を表します。

目安) 35ms以下だと速い。100ms超えると遅い。

通信速度の目安

結論

快適にインターネットをするための目安としては、20Mbps〜25Mbpsです!

20Mbpsあれば大抵のことはストレスなく快適に利用できます。

快適な速度目安と用途

快適な速度目安用途
1Mbpsインターネットサーフィン
メール受診
LineやTwitterなどのSNS
3Mbpsビデオ通話
5Mbpsスマホオンラインゲーム
25MbpsPCオンラインゲーム
4K動画再生

モグモグさん

データが大きくなればなるほど、通信に負担がかかるよ!

まとめ

通信速度の目安と測定方法を解説しました。

20Mbps〜25Mbpsを目安に速度を判断してみてください!

家にWi-Fi環境を作るときにも役立ちます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。