【tmate】Github ActionsにSSHする方法を解説

tmateを使って、Github ActionsにSSHする方法を解説します。

ゴール
  • Github Actionsに簡単にSSHできるようになる
バージョン
  • tmate v3.9

Stepsにtmateを追加

SSHしたい任意の箇所に、tmateを差し込みます。

name: CI
on: [push]
jobs:
  build:
    runs-on: ubuntu-latest
    steps:
    - uses: actions/checkout@v2
    - name: Setup tmate session
      uses: mxschmitt/action-tmate@v3

SSHを実行

次に、任意のトリガーでGithub Actionsを走らせます。

Github Actionsを確認すると、この画像のように挿入した箇所で止まり、WEBもしくは、コンソールからSSHが可能になります。

あとは、SSHを実行するのみです。

注意点

SSHはPublicになっているので、出来るだけ早く実行しexitするか、ワークフローを停止しましょう。

まとめ

Github ActionsでSSHする方法のまとめ
  • tmateを任意の場所に追加
  • ワークフローを実行し、SSH
  • 完了後速やかにexitする

Github Actionsについてはこちらで解説しています。

【入門】Github Actionsとは? 簡単なチュートリアルを用いて解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。