MySQLでデータベースを作成・削除する方法を解説

MySQLでデータベースを作成・削除する方法を解説します。

バージョン
  • MySQL 8.0

環境準備

MySQLの環境を準備しましょう。

すでにある方はスキップで良いですが、まだの方はこちらの記事でローカル環境にDockerを使ってMySQLの環境を作成しましょう。

Dockerでデータを永続化しつつMySQLの環境を構築する方法を解説

データベース作成方法

データベースの作成方法を解説します。

いくつかオプションが付けられるので、主要なものを紹介します。

mysql monitor画面

まずはこのようにMySQLに接続しましょう。

データベース作成

  • test: データベース名です。任意の値に変更してください。

mysql> create database test;

testデータベース作成

データベース一覧を表示するには、show databasesを使います。

testというデータベースが作成されていることが分かりますね。

重複したデータベースがないか確認しつつ作成

同じデータベースが存在している場合、エラーが発生します。

重複したデータベースがないか確認するためには下記のように書きます。

mysql> create database if not exists test;

モグモグさん

testというデータベースがなければ、testというデータベースを作成するという意味になります。

文字セットと照合順序を指定して作成

utf8mb4utf8mb4_binの文字セットと照合順序を指定するケースです。

mysql> create database test character set utf8mb4 collate utf8mb4_bin;

testデータベース作成

select @@character_set_database, @@collation_database;で文字セットと照合順序を確認できます。

指定した値になっていることが確認できます。

データベース削除方法

続いてデータベースを削除する方法を解説します。

データベースを削除

DROP DATABASE データベース名のように書きます。

mysql> drop database test;

testデータベース確認

testというデータベースが削除されていることが分かりますね。

まとめ

MySQLでデータベースを作成・削除する方法を解説しました。

最後に方法をまとめておきます。

方法のまとめ
  • データベース作成: CREATE DATABASE データベース名;
  • データベース削除: DROP DATABASE データベース名;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。