Github ActionsでEndtestのDriveにipa/apkをアップロードする方法を解説

Endtestとは、end-to-endテストの自動化サービスです。

WEBアプリケーション、モバイルアプリどちらもテストができる便利なサービスです。

今回は、ipaとapkをGithub Actions経由でアップロードする方法について解説します。

ゴール
  • Github Actions経由でEndtestにipa/apkをアップロードできる

EndtestのDriveにipa/apkをアップロードする方法

appIdとappCodeを取得

準備として、appIdappCodeを取得しておきます。

Settingページにアクセスして、Show API credentialsで取得できます。

アップロードのためのAPIの確認

前提として、Endtestは、アップロードのためのAPIを用意してくれているので、そちらを利用します。

下記のコマンドのファイル、appIdappCodeを書き換えて一度ローカルで試してみましょう。

curl -X POST "https://endtest.io/api.php" -F "file=@/Users/matt/Desktop/calculator.ipa" -F "appId=20112504" -F "appCode=42554172" -F "visibility=OnlyMe"

メモ

ipaもapkも同様で、ファイルの指定を変更するだけです。

Github Actionsでアップロード

あとは、Github Actionsで上記のAPIを叩くだけです。

Github SecretsにappIdとappCodeを追加

SettingsのSecretsから、それぞれを追加します。

Github Secretsのドキュメント

Github Actionsのワークフローに追加

※この例では、fastlaneを使っているのでfastlaneのpathになっていますが、ファイルは任意のpathに変更してください。

- name: Upload to Endtest.io
  run: curl -X POST "https://endtest.io/api.php" -F "file=@./fastlane/build/staging/mogumogu.ipa" -F 'appId=${{ secrets.ENDTEST_APP_ID }}' -F 'appCode=${{ secrets.ENDTEST_APP_CODE }}' -F "visibility=MyEntireTeam"

補足

アップロードしたファイル名は、指定したファイル名になるので、任意の名前を変えたい場合は、ipaやapkの名前を変更して実行してください。

確認

Driveのページでファイルがアップロードされているか確認しましょう。

まとめ

シンプルな内容ですが、以上です。

Github ActionsでEndtestのDriveにアップロードする方法まとめ
  • appIdとappCodeを取得
  • EndtestのAPIをGithub Actionsで叩く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。