Dockerコンテナにファイルを転送・コピーする方法を解説

Dockerコンテナにファイルを転送・コピーする方法を解説します。

コンテナからローカル環境に転送する方法も合わせて解説します。

docker cpで実現できます。

モグモグさん

環境を用意して、任意のファイルを実行したい場合なんかに使えます。

ドキュメントはこちらです。

ローカルからコンテナにコピー

docker cp [オプション] ファイルパス コンテナID:コンテナのファイルパスでローカルファイルをコンテナにコピーすることができます。

【例】ローカルのsample.txttestコンテナにコピー

docker cp ./sample.txt test:/
メモ

コンテナの指定は、コンテナIDでもコンテナ名どちらでも可能です。

docker cp ./sample.txt test:/hoge/sample.txt のようにコンテナの任意のディレクトリを選択することも可能です。

コンテナからローカルにコピー

docker cp [オプション] コンテナID:コンテナのファイルパス ローカルのパスでコンテナのファイルをローカルにコピーすることができます。

モグモグさん

ローカルからコンテナにコピーするコマンドの逆です!

【例】コンテナのsample.txtローカルにコピー

docker cp test:/sample.txt ~/Downloads

まとめ

ローカルからDockerコンテナに、Dockerコンテナからローカルへファイルをコピーする方法を解説しました。

最後にまとめておきます。

まとめ
  • ローカルからDocker: docker ps [オプション] ファイルパス コンテナID:コンテナのファイルパス
  • Dockerからローカル: docker ps [オプション] コンテナID:コンテナのファイルパス ローカルのパス

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。