XserverにSSHしてscpコマンドでファイルをアップロードする方法を解説

XserverでSSHをしてscpコマンドでファイルをアップロードする方法について解説します。

こんなときに使える
  • ReactやVueなどで作ったアプリケーションをデプロイしたい
  • WordPressはインストールしているけど、LPのようなページをアップしたい
注意

本記事はコマンドラインやターミナルなどが使える方向けです。

わからないという方は、FTPを使うことで技術的なことを知らなくても同様のことができますのでこちらを使いましょう!

参考URL

XserverにSSHする方法

まずは、SSHできるようにしましょう。

公式ドキュメント

ログイン後「SSH設定」の状態を「ON」

ONにするにチェックをして、「設定する」を選択。

SSHを利用しない場合は、「OFF」にしておきましょう。

公開鍵認証鍵ペアの生成

パスフレーズを入力し、生成。

秘密鍵がダウンロードされます。(サーバーID.key)

公開鍵は何もせずに登録されます。

権限を変更

$ chmod 600 ダウンロードした秘密鍵(サーバーID.key)

SSH実行

メモ

サーバーIDやサーバー番号は、サーバーパネルのトップページから取得できます。

ポート番号は22ではないので、指定しましょう。

$ ssh サーバーID@サーバー番号.xserver.jp -i サーバーID.key -p 10022

ちなみに~/.ssh/configはこんな感じです。必要であれば参考にしてください。

Host xserver
  Hostname サーバー番号.xserver.jp
  User サーバーID
  IdentityFile ~/.ssh/サーバーID.key
  Port 10022

モグモグさん

SSHが成功したら完了!

scpでファイル(ディレクトリ)アップロード

SSHができるようになったので、scpでファイルをアップロードします。

Xserverでファイルを置く場所

Xserverはpublic_htmlというディレクトリにファイルを置くことで公開できます。

公式ドキュメント

ディレクトリは、下記の通りです。

/home/サーバーID/ドメイン/public_html/

例
/home/サーバーID/mo-gu-mo-gu.com/public_html/
メモ

例えば…

/home/サーバーID/ドメイン/public_html/test/index.htmlというファイルを置くと

https://ドメイン/test/で表示できます!(index.htmlは勝手に読んでくれます)

scpでアップロード

最後にscpコマンドでアップロードしましょう。

public_html以下のディレクトリは任意に決めておきましょう。

ファイルをアップロード

$ scp sample.html サーバーID@サーバー番号.xserver.jp:~/ドメイン/public_html/任意のフォルダ/ -i サーバーID.key -p 10022

ディレクトリの中のファイルを一括でアップロード

$ scp -r sampleDir/* サーバーID@サーバー番号.xserver.jp:~/ドメイン/public_html/任意のフォルダ/ -i サーバーID.key -p 10022

ディレクトリをアップロード

$ scp -r sampleDir サーバーID@サーバー番号.xserver.jp:~/ドメイン/public_html/任意のフォルダ/ -i サーバーID.key -p 10022

~/.ssh/configを設定している場合は、こんな感じです。

$ scp sample.html 設定したホスト名:~/ドメイン/public_html/任意のフォルダ/

モグモグさん

より簡易にかけるので設定することがおすすめ!

まとめ

XserverでSSHをできるようにし、scpコマンドでファイルをアップロードする方法について解説しました。

WordPressを運営していて、別のアプリケーションを動かしたいとか、LPページをWordpressと別に運用したいなどいろいろ幅が広がると思います。

ぜひ参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。