【コードジェネレーターPlop JS】ファイルの雛形を作成する方法を解説

ReactやVueなどでコンポーネントを作成するような場合に

JSXのファイルテスト用ファイルStorybook用のファイルなど複数まとめて作ったりしますよね。

その際に雛形を一気に生成できるようにすると効率が上がります

Plopを使ってそれを実現する方法について解説します。

Plopとは

Plopは、コードジェネレーター用の小さなライブラリ

micro-generator frameworkと呼ばれてたりします。

メリットは大きくは2つです。

  1. 雛形をコピペで作成する時間の節約
  2. チームなどでルールが統一されたファイルの生成

特にフルスクラッチでアプリケーションを作る時などに重宝できます。

類似サービスとして、Hygenがあります。

MicrosoftやPayPalなど

名だたる企業で使われている。

Plopの使い方

Plopの使い方を解説していきます。

前提の仕様
  • index.tsxstyle.tsを作成(TypeScriptを使用)
  • Atomic Designの構成
補足

今回の仕様は例です。

様々なケースで使えます。

ディレクトリ構成はこんな感じです。

ディレクトリ構成
- src
  - components
    - atoms
    - molecules
    - organisms
    - pages
- package.json
- generators
  - BaseComponent

作成手順

それでは1つ1つ解説していきます。

インストール

$ npm i -D plop
$ yarn add -D plop

テンプレートとなる雛形ファイルの作成

ファイルをおくためのディレクトリは、generators/とします。

import React from 'react';
import {DummyText} from './style';

const defaultProps = {};
type Props = {} & typeof defaultProps;

const {{properCase name}} = (props: Props) => {
  return (
    <DummyText>text</DummyText>
  );
};

{{properCase name}}.defaultProps = defaultProps;
export default {{properCase name}};
import styled from 'styled-components';

export const DummyText = styled.p``;
補足

.hbsはJavaScriptテンプレートエンジンHandlebarsの拡張子です。

公式サイト

Plopfileの作成

module.exports = (plop) => {
  plop.setGenerator("component", {
    description: "Create a component",
    prompts: [
      {
        type: "list",
        name: "atomic",
        message: "Choose atomic?",
        choices: [
          { name: "atoms", value: "atoms" },
          { name: "molecules", value: "molecules" },
          { name: "organisms", value: "organisms" },
          { name: "pages", value: "pages" },
        ],
      },
      {
        type: "input",
        name: "name",
        message: "What is your component name?",
      },
    ],
    actions: (data) => {
      const path = `../src/components/${data.atomic}/`;
      const actions = [
        {
          type: "add",
          path: path + "{{pascalCase name}}/index.tsx",
          templateFile: "BaseComponent/index.tsx.hbs",
        },
        {
          type: "add",
          path: path + "{{pascalCase name}}/style.ts",
          templateFile: "BaseComponent/style.ts.hbs",
        },
      ];
      return actions;
    },
  });
};

package.jsonにコマンドを追加

"scripts": {
    ...
    "generate": "plop --plopfile generators/index.js",
    ...
  },

実行!

$ npm generate
$ yarn generate

まとめ

Plopを使うことで、コードを自動生成することができます。

雛形をそのままコピペしたりして毎回数分を無駄にしている時などあると思いますので、そういう時に使ってみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。