【Androidアプリ開発入門】エミュレーターのダウンロードから起動までを解説

Androidアプリ開発で日常的に利用するエミュレーター(Emulator)のダウンロードから最初の起動までを解説していきます。

Androidアプリ開発の初心者の方が主な対象です。

豆知識

ちなみにAndroidではエミュレーターといい、iOSアプリ開発ではシュミレーターといいます。

ちょっとややこしいですよね…

どちらも仮想の端末を指しています!

事前準備

AndroidStudioのインストールが必要なので、ダウンロードページからインストールしましょう。

参考 AndroidStudioダウンロードandroid developers

その後MacもしくはWindowsの説明ページを参考に簡単なセットアップを行いましょう。

参考 AndroidStudioセットアップandroid developers

これで準備完了です!

エミュレーターのダウンロード

それでは、エミュレーターをダウンロードしていきましょう。

AVDManager

まずはAVDManagerを使用してエミュレーターをダウンロードしていきます。

Android Studio上部にあるツールバーからAVDManagerのアイコンをクリックしてください。

click_avd_manager_icon

するとこんな画面が表示されるので +Create Virtual Device... をクリックしてください。

click_creating_button

次にどのデバイスにするかを選択します。

今回はPixel3にしました。(自由に選択ください)

select_device

次はOSを選択する画面です。

今回は最新のAndroid9にします。

ダウンロードする必要があるので Donwload ボタンを押しましょう。

select_system_image

するとダウンロードが始まります。

少し時間がかかりますが、完了したら Finish ボタンを押しましょう。

downloding

するとシステムイメージがダウンロードされたかと思います。
そのまま Next ボタンを押して次に進みましょう。

finished_downloading

次はデバイス情報を入力できる画面に移動します。

ここでは入力する情報はないので Finish ボタンを押しましょう。

device_info

ここまで完了したらインストールがうまくいっているか確認するために、最初の画面まで戻りましょう。

Pixel3がインストールされているのがわかるかと思います。

preview

エミュレーターの起動

起動

それでは、エミュレーターを起動させてみましょう。

AVDManagerの画面を開くと Actions の項目に再生ボタンがあるので、それをクリックしましょう。

click_play_button

このようにエミュレーターが起動すれば成功です!

start_up_simulator

ビルド先の端末一覧に先ほどのエミュレーターが表示されるようになります

以降はビルド時に端末を選択できます。

select_device

まとめ

  1. AndroidStudioをダウンロード
  2. 使いたい端末をダウンロード
  3. ダウンロードした端末でビルドを実行

実際の端末(実機)で確認することも多いですが、エミュレーターも日々の開発で良く利用します。

いろいろな端末をダウンロードすると思うので、大体の流れを覚えておきましょう!