【Androidアプリ開発入門 】Buttonの使い方

Androidアプリ開発の基礎のButtonの使い方を解説していきます。

基本になるのでじっくりやっていきましょう。

プロジェクトの作成の方法はこちらで解説していますので、必要であれば読んでみてください。

【入門】Androidアプリプロジェクト作成手順
バージョン
  • AndroidStudio 4.1
  • Kotlin 1.3.6

Buttonの配置

プロジェクトを作成したら activity_main を開いて中身を以下のように変更しましょう。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<android.support.constraint.ConstraintLayout
        xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android"
        xmlns:tools="http://schemas.android.com/tools"
        xmlns:app="http://schemas.android.com/apk/res-auto"
        android:layout_width="match_parent"
        android:layout_height="match_parent"
        tools:context=".MainActivity">

    <Button
            android:id="@+id/button"
            android:layout_width="wrap_content"
            android:layout_height="wrap_content"
            android:text="クリック!"
            app:layout_constraintBottom_toBottomOf="parent"
            app:layout_constraintLeft_toLeftOf="parent"
            app:layout_constraintRight_toRightOf="parent"
            app:layout_constraintTop_toTopOf="parent"/>

</android.support.constraint.ConstraintLayout>

デフォルトでは TextView が配置されていますが、

それを Button に変えて textクリック! に変更しています。

ここでビルドしてこのようになっていればOKです!

build

クリックイベント

次にクリックイベントを受け取るように実装します。

まずは MainActivity を開いて onCreate() の中身を以下のように変更します。

class MainActivity : AppCompatActivity() {

    override fun onCreate(savedInstanceState: Bundle?) {
        super.onCreate(savedInstanceState)
        setContentView(R.layout.activity_main)
        // ↓↓ここから
        val button = findViewById<Button>(R.id.button)
        button.setOnClickListener {
            Log.d("MainActivity", "クリック!")
        }
        // ↑↑ここまでを実装
    }
}

Button には setOnClickListener() というメソッドがあり、ここでクリックイベントを受け取ることができます。

今回はクリックした時にログ出力するようにしてみました。

ビルドをしてクリックした時に出力されればOKです!

logcat

まとめ

Buttonの表示とクリックイベントの取得について解説しました。

簡単ですが基本になるので理解できるようにしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。