南国の島 コタキナバル「サピ島」へ個人手配で行く方法を徹底解説

コタキナバルへの旅行を検討している方へ、アイランドホッピングの定番「サピ島」へ個人手配で行く方法を実体験をもとに解説します。

サピ島への費用や滞在時間の目安、持ち物などの詳細情報も盛り込みました。

こんな人にオススメ!
  • 個人で行くかツアーで行くか迷っている
  • 旅行費用を安くしたいけど個人手配の方法がわからない
  • サピ島の滞在について知りたい

コタキナバル市内からサピ島への行き方

ジェッセルトンポイント写真

コタキナバル市内からサピ島まで行く方法は2つ。

  1. ジェッセルトンポイント(市内の港)からスピードボートで行く
  2. ホテルの船着き場からスピードボートで行く

安く行きたいなら「1」の方法、ラクに行きたいなら「2」の方法がおすすめ。

今回筆者は「安く行く」を重視したため、「1」の方法を利用しました。

ちなみに「2」の利用方法は?

『シャングリラタンジュンアルリゾート&スパ』の宿泊者もしくは、

『ステラハーバーリゾートホテル』の宿泊者は、

各ホテルの船着き場から専用ジェットが出ています。

料金は「1」の方法の倍くらいしますが、

専用の休憩所があったり荷物を管理してくれたり、サービスは充実しているようです。


それでは、個人手配で具体的にどのように行ったか、説明していきます!

予約方法

乗船券発売所写真

予約は、コタキナバル市内にある「ジェッセルトンポイント」で行います(最初の写真がジェッセルトンポイントの入り口)。

入り口を入ってすぐ右にある建物が、乗船券の発売所兼待ち合い所です。

カウンターは全部で13個か14個あり、全て違う会社が運営しています。

ほぼすべての会社がサピ島へ行けます。

筆者は、日本人のブログでよく目にする「sunny rainbow」で予約をしました。

後から気づきましたが、どの会社も人数が定員になり次第出発するので、早く行きたい場合はあと何人乗れるかを確認して、定員になりそうなカウンターで予約するといいと思います。

予約の流れはこちら

  1. 行きたい島を伝える
  2. 帰りの時間を決める
  3. オプショナルを付けるか、フィンなどを借りるか決める
  4. 支払い

やりとりはすべて英語ですが、日本人に慣れているため、わかりやすい英語で話してくれます。

予約後~乗船まで

乗船所写真

予約の段階で、「何時に待合所へ戻ってきて」と告げられるのでその時間まで待機。

結局、告げられた時間の20分後くらいに、ようやくツアー会社の名前が呼ばれ、乗船所へ移動。

乗船所では、名簿に名前と性別・年齢を書き、救命胴衣を着て待機。

さらに10分後にようやく乗船です。

乗船所からは、いくつか島を巡ってサピ島へ行くため、行きは20分ほどかかりました。

モグモグさん

船がとても早くて激揺れなので、酔いやすい人は注意!

入島

サピ島へ着くと、ビックリするほど透き通った海が目に入ります。

↓こちらが実際の様子

サピ島船着き場写真

船着き場から島へ歩いていくと、島の受付があり、そこで入島税を払います。

その後はフリータイム。

受付を出てすぐ左が、島のメインビーチです。

帰り

ジェッセルトンポイントのカウンターで事前に予約した時間になったら、船着き場へ戻ります。

船着き場には船会社のスタッフがいるので、声をかけて予約表を見せます。

時間を過ぎても船はなかなか来ず、結局30分くらい待ちました。

これは島タイムということで、気長に待ちましょう。笑

帰りの乗船時間は、10分ほどでジェッセルトンポイントに着きます。

モグモグさん

つぎのページでは、費用や滞在時間の目安について紹介するよ!
1 2 3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。