バリ島「ニュピ」おすすめホテルと過ごし方~当日は制限だらけ?~

ニュピは1年に1度の特別な日。

普段のバリ島と異なり、制限されることがたくさんあります。

今回は、「ニュピ当日に制限されることとその実態」、「おすすめのホテル当日の過ごし方」についてご紹介します!

モグモグさん

ニュピ期間のバリ島滞在が決まっている方や、まだ行くかどうか悩んでいる方は、参考にしてね!

「前日の過ごし方と渋滞に巻き込まれないようにする対策」についてはこちらの記事で説明しています!

バリ島「ニュピ」前日の過ごし方と対策~オゴオゴ渋滞に気をつけよう~

当日に制限されることと実態

当日の過ごし方に触れる前に、「ニュピ当日に制限されること」と「実際にその制限がどれだけ厳格だったか」をご紹介していきます。

結論から言うと、とても“ゆるい”制限でした。

ホテルに宿泊していれば、あまり不便に感じることはないと思います。

まず制限されることはこちら。

「外出」「火気電気」「殺生」「通信」

上記については、現地人・観光客関係なく全員従う必要があります。

もしこの制限を破ってしまうと、警察に捕まり“強制帰国”または“罰金”となるそう。

それでは、実際に上記の制限がどこまで厳格だったか、5段階評価で確認していきます。

外出禁止

厳格レベル:5

とても厳格でした。

敷地の外へつながるゲートには警備員が常駐。ゲート自体も完全に封鎖されていて、よじ登らないと外に出られない状況。

そして敷地の外は、警察が24時間巡回(当日6時~翌日6時まで)。

外出についてはとにかく厳格なようです。

ちなみにホテルの部屋から敷地内への移動などは問題ありませんでした。

火気電気禁止

厳格レベル:3

そこそこ厳格でした。

前日にホテルから「電気はなるべく使わないようにしてね」という注意が書かれた手紙を受け取りましたが、あまり気にしなくても大丈夫なようでした。

エアコンやドライヤー、充電なども普通にできました。

ただ、部屋の電気に関しては「夜は灯りが外に漏れないよう必ずカーテンを閉めて」と当日に案内されました。

ホテルの廊下やレストランなどの電気も、夜は完全に消えて、まっくら。

なので、日中よりも夜のほうが厳格に感じました。

余談ですが、夜はバリ島全体のすべての灯りが消えるので「ふりそそぐほど満天の星空」を見ることができます。星空観賞が好きな人は、絶対に絶対に、ニュピの日にバリ島に行ってほしいです。ほんとうに凄いです。

殺生禁止

厳格レベル:?

正直、殺生はあまり自分に関係ないのでどれだけ厳格なのかわかりませんでした。

でもホテル内のレストランでチキンサテ(焼き鳥)を食べることができたので、あまり厳格ではないように感じました。

これは現地の家庭だけで制限されていることかもしれません。

通信遮断

厳格レベル:2

あまり厳格ではありませんでした。

Wi-Fiは普通に使えましたが、テレビ通信は完全に遮断されていて、すべてのチャンネルが砂嵐。

その代わり、ホテルが用意した特別プログラム(ディズニー映画や人気映画が流れる)を見ることができました。

人によってはWi-Fiが使えなくなった時間帯があったようですが(ネット情報)、、ホテルによって対応が異なるのかもしれません。

なのであまり厳格ではありませんでした。

おすすめホテルと過ごし方

続いてニュピ当日の「おすすめホテル」「過ごし方」をご紹介します。

結論から言うと、宿泊するホテルは「リゾートホテル」が圧倒的にオススメ。

なぜなら1日中ホテルにいる必要があるため。

ゲストハウスだと、部屋が狭くて息苦しく感じたり、空間に飽きてしまう可能性も。

一軒家のヴィラもいいけど、自分で食事を3食用意するのは買い出しも含めてめちゃくちゃ面倒。

なので、リゾートホテルへの宿泊を本当にオススメします。

ではリゾートホテルでの宿泊を前提に、どんな風に過ごすのがいいかご紹介していきます。

敷地内で遊ぶ

ホテルの敷地内は、ニュピ当日であってもあまり制限がありません。

アクティブに過ごしたい人は、プールや散策コースが付いている広いホテルに宿泊して、敷地内で遊んで過ごすのがオススメです。

せっかくなら普段は高くて手を出せないようなホテルで、ホテルステイを満喫するのもいいかもしれません。

※ホテルのマリンアクティビティなどは、もしかすると営業していない可能性があります。

スパ

長いものでは1時間以上かかるスパもありますが、せっかくなら時間のあるニュピの日に体験してみるのもいいですよね。

ただ、事前に予約をしておかないと当日は予約でいっぱい、なんてことになってしまうので気をつけましょう。

ニュピ当日にスパの営業をしているのも、リゾートホテルならでは。

観光にお金を使わない分、スパで贅沢に過ごしちゃいましょう。

部屋でのんびり

本を読んだり、ネットサーフィンをしたり、長風呂したり。

普段ダラダラすることがない人は、ここぞとばかりにダラダラするのもいいかもしれません。

長風呂をする場合はバスタブ付きのお部屋を予約する必要がありますが、リゾートホテルであれば大半のお部屋にバスタブが付いています。

また、ニュピの日は車が一切走っていないため、とても静かで空気が澄んでいます。

ホテルの庭やお部屋のベランダで、鳥のさえずりや虫の鳴き声に癒されながら、ぼーっと過ごすのもオススメです。

まとめ

ニュピ当日にどこまで制限されるかおすすめのホテル過ごし方をご紹介しました。

思っているより制限がゆるいので、不便に思うことはあまりないです。

ただ、宿泊するホテルタイプによっては食事をすべて自分で用意する必要があったり、Wi-Fiが使えなかったり、ということもあるよう。

なので宿泊するホテルは「リゾートホテル」が絶対におすすめです。

この日しか味わえない、澄んだ空気と自然の音を楽しみながら、ニュピ当日を堪能してください。

あ、満天の星空は必見です!

ちなみに筆者が宿泊したホテルはこちら「Alaya Resort Ubud

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。