【Mac】Node.jsをインストールする方法を解説

Mac環境で、nodebrewというバージョン管理パッケージを使ってNode.jsをインストールする方法を解説します。

この記事でわかること
  • nodebrewの基本的な使い方がわかる
  • Node.jsをインストールする方法がわかる
バージョン
  • nodebrew 1.0.1

Homebrewをインストール

まずは、MacのパッケージマネージャーであるHomebrewをインストールします。

モグモグさん

すでにインストール済みの方はスキップしてください。

下記のスクリプトをターミナル上で実行します。

多少時間がかかるので少し待ちます。

$ /bin/bash -c "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/HEAD/install.sh)"

モグモグさん

コンソール上に、「Installation successful!」のような表示がされれば成功です。

nodebrewをインストール

nodebrewとは?

モグモグさん

簡単にnodebrewについて説明するよ

nodebrewは、Node.jsのバージョン管理パッケージです。

nodebrewを使うことで、バージョンの管理が楽になりプロジェクトごとにバージョンを切り替えたりするのが容易になります。

類似のサービスとしては、nodenvnvmなどがあります。

インストールの手順

それではnodebrewをインストールしましょう。

nodebrewをインストール

$ curl -L git.io/nodebrew | perl - setup

Pathを通す

.bashrcに下記のpathを追加します。

export PATH=$HOME/.nodebrew/current/bin:$PATH
メモ

zshを使っている場合は、.zshrcに追加してください。

設定ファイルを反映

$ source ~/.bashrc

インストールを確認

$ nodebrew helpを実行し、下記のようにヘルプが表示されれば成功です。

nodebrew help
nodebrew 1.0.1

Usage:
    nodebrew help                         Show this message
    nodebrew install <version>            Download and install <version> (from binary)
    nodebrew compile <version>            Download and install <version> (from source)
    nodebrew install-binary <version>     Alias of `install` (For backword compatibility)
    nodebrew uninstall <version>          Uninstall <version>
    nodebrew use <version>                Use <version>
    nodebrew list                         List installed versions
    nodebrew ls                           Alias for `list`
    nodebrew ls-remote                    List remote versions
    nodebrew ls-all                       List remote and installed versions
    nodebrew alias <key> <value>          Set alias
    nodebrew unalias <key>                Remove alias
    nodebrew clean <version> | all        Remove source file
    nodebrew selfupdate                   Update nodebrew
    nodebrew migrate-package <version>    Install global NPM packages contained in <version> to current version
    nodebrew exec <version> -- <command>  Execute <command> using specified <version>

Node.jsをインストール

それでは、nodebrewを使ってNode.jsをインストールしていきましょう。

Node.jsのバージョン一覧を確認

下記のコマンドでインストール可能なバージョンを表示することができます。

$ nodebrew ls-remote

例としてv18.0.0をインストール

$ nodebrew install v18.0.0

バージョンをスイッチ

バージョンを変更するには、useコマンドを使います。

$ nodebrew use v18.0.0

モグモグさん

このように使うバージョンをインストールして、プロジェクト等に応じてスイッチすることが可能です。

その他のコマンドは公式サイトの方にありますので、参考にしてみてください。

まとめ

nodebrewを使って、Node.jsをインストールする方法について解説しました。

バージョンの管理が楽になるので、nodebrewではなくてもバージョン管理パッケージは使用することをおすすめします。

MacでNode.jsをインストールする方法のまとめ
  • Homebrewをインストール
  • nodebrewをインストール
  • nodebrew経由でNode.jsをインストール
  • useコマンドを使ってNode.jsのバージョンを任意に変更可能

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。