【OAuth】PostmanでGoogle認証を行う方法を解説

PostmanでGoogle認証を行う方法を解説していきます。

PostmanでAPIを叩く場合に、Googleの認証を挟んでいるようなケースで参考になると思います。

バージョン
  • Postman 9.31.0

Google Cloud コンソール側の設定

まずはCloudコンソールの方で認証情報を作成します。

認証情報を作成

Cloudコンソールにアクセスし、「認証情報」タブを選択し、「OAuth クライアント ID」を作成します。

認証情報を作成

こちらで選択している「OAuth クライアント ID」をクリックします。

情報を入力

続いて入力画面が表示されるので下記のように入力します。

作成後は、クライアントIDとクライアントシークレットが表示されるのでメモしておきましょう。

  • アプリケーションの種類: ウェブアプリケーション
  • 名前: 任意
  • リダイレクト URI: https://oauth.pstmn.io/v1/callback

Postman側の設定

続いてPostaman側の設定をしていきます。

認証情報の設定

任意のリクエストから、「Authorization」タブを選択し、Typeを「OAuth 2.0」とすると設定画面が表示されます。

設定画面には下記の情報を入力してください。

  • Token Name: 任意
  • Auth URL: https://accounts.google.com/o/oauth2/v2/auth
  • Access Token URL: https://accounts.google.com/o/oauth2/token
  • Client ID: 先ほど取得したクライアント ID
  • Client Secret: 先ほど取得したクライアントシークレット
  • Scope: 利用したいスコープ (例えば、email profile)

実行

OAuthのレスポンス

情報が正しく入力されていれば、Googleログイン画面が表示されて、リダイレクトされた後にid_tokenAccess Tokenが取得できます。

取得した情報を用いてAPIを叩くようなことができると思います。

まとめ

PostmanでGoogle認証を行う方法を解説しました。

手順の簡単なまとめ
  • Cloudコンソール画面で認証情報を作成
  • Postmanで設定
  • 実行

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です