札幌おすすめホテル【センチュリーロイヤルホテル宿泊記】立地で選ぶならここ

北海道1泊2日の観光拠点をどこにするか悩んでいる方には、札幌駅直結の「センチュリーロイヤルホテル」を強くオススメします!

実際に利用してみて、とても快適に過ごせた&効率よく観光ができました。

そんな「センチュリーロイヤルホテル」の宿泊記録をご紹介します。

こんな人にオススメ
  • 札幌周辺観光を考えている
  • 滞在時間が短いので効率よく観光したい
  • 寒いのがニガテだけど観光を楽しみたい

場所・アクセス

ホテル外観
mo-gu-mo-gu-.com

ホテルの場所は、札幌駅の改札を出てから徒歩2~3分(写真右側の建物)。

「札幌駅直結」ではありますが、札幌駅は広いので多少距離はあります。

ホテル地図
引用:センチュリーロイヤルホテル公式HP

札幌駅からホテルまでのアクセスは、2通り。

1.地上から:一度屋外へ出てから、ホテルへ向かう
2.地下から:札幌駅の地下歩行空間を通ってホテルへ向う

はじめていく場合は、地上から行った方がホテルが見えるので迷わずに行けます!(地下は少しわかりにくい)

オススメの使い分け方

【キャリーバッグがある場合】

地上から行きましょう。地下からだと途中で階段を上り下りする必要があります

【雪や雨の場合】

地下から行きましょう。地上だと一度外に出るので大変です。

モグモグさん

地上から行くと横断歩道を渡らなきゃいけないけど、地下からだと横断歩道で待つ必要がないから、そこもチェックポイントだよ!

駅直結のメリット

センチュリーロイヤルホテルを札幌・小樽観光の拠点としてオススメする理由をご紹介します。

  • JR線と地下鉄のどちらにもすぐにアクセスできる
  • 地下歩行空間を使えば、外に出でなくても観光や買い物ができる
  • 重い荷物を運ぶ手間が省ける

上記について、くわしく説明していきます。

JR線と地下鉄のどちらにもアクセスできる

札幌駅は地上を走る線と地下を走る線がとおっている駅です。

なので札幌駅から小樽や新千歳空港に行く場合、または大通やすすきのに行く場合、乗り換えの必要がなく時短になります。

地下鉄周辺にもホテルが多くありますが、地下鉄の電車賃は高いので「節約」の意味でも札幌駅周辺ホテルがオススメです。

地下歩行空間を使えば外にでなくても観光や買い物ができる

これは雪の時期や、雨の日の旅行にはとても重要なポイントです。

地下鉄の【さっぽろ駅~大通駅~すすきの駅】は地下歩行空間で一直線につながっています。

時計台やテレビ塔・二条市場などのメイン観光地や、北菓楼・松尾ジンギスカン・BISSE SWEETSなどの有名店まで、地下歩行空間出口からわりとすぐにアクセスができます。

なので 雨や雪の日は、地下歩行空間をつかって寒い思いをせずに観光ができます。

重い荷物を運ぶ手間がはぶける

北海道旅行のメインは「買い物」といっていいほど、北海道は買い物天国です。

小樽観光のあとに札幌観光をする場合、その逆の場合でも、駅直結だと一度ホテルに荷物を置いてからすぐに観光を続けることができます。

さらに帰りに荷物を運ぶときも、駅直結だと電車までの距離が短い&エスカレーターがあるので、大変な思いをほとんどしません。

モグモグさん

チェックイン前&チェックイン後でも、荷物を預けられるよ!

部屋の感想

スタイリッシュキング写真
mo-gu-mo-gu-.com

続いて部屋に泊まってみて感じた「良かったところ」「気になったところ」を紹介します。

実際に泊まった部屋は14階の「スタイリッシュキング」。

ほんとうは「シングル」で予約をしていましたが、宿泊客が少なかったのでランクアップにしてくれました。

お部屋の広さは22㎡。ベッドはキングサイズ。

1人で使うには十分すぎる広さでした。2人で使っても良いと思います!

良かったところ

バスルーム写真
mo-gu-mo-gu-.com

お部屋を利用してみて良かったところはこちら

  • 清潔感がある&シンプルなデザイン
  • バスタブが広い&お風呂にテレビがある
  • 加湿器やコーヒーメーカー、消臭スプレーなど、設備がそろっている

1973年に開業した少し古めのホテルですが、内装はリフォームされていてシンプルでモダンなデザインでした。

清掃も行き届いていて、汚れやほこりが気になることもありませんでした。

気になったところ

バスタブ写真
mo-gu-mo-gu-.com

お部屋で気になったところはこちら

  • 廊下の音や隣の部屋の水道の音が響く
  • 空調の調整ができない
  • バスタブが傷んでいる

少し古い建物なので防音はあまりしっかりしていないように感じました。

廊下の話し声が結構聞こえたり、隣の部屋のシャワーの音やトイレを流すときの水の音がわりと聞こえました。

睡眠の邪魔になるほどではありませんが、気になる人は気になるかもしれません。

空調の調整ができない」については、北海道のホテルは基本的に一括管理のため仕方ないかな、という感じです。

何度か北海道のホテルを利用していますが、「寒すぎる、暑すぎる」ということは一度もありません。

バスタブが傷んでいる」については、リフォームの際にバスタブの取り換えをしていないのか、ヒビや傷が結構あって歴史を感じました。

センチュリーロイヤルホテル基本情報

さいごに基本情報をざっとご紹介します。

ちなみにホテルのランクは「ハイクラス」の4つ星ホテル。

部屋タイプ

部屋タイプは大きく分けて3つ。

  • スタンダードフロア
  • スタイリッシュフロア
  • エクスクルーシヴフロア

ビジネス利用から結婚式利用まで、さまざまな目的で利用できるお部屋タイプが用意されています。

スタンダードフロア

部屋タイプ画像
引用:センチュリーロイヤルホテル公式HP

スタイリッシュフロア

加湿空気清浄機完備。全室禁煙。

部屋タイプ画像
引用:センチュリーロイヤルホテル公式HP

エクスクルーシヴフロア

部屋の中にエステスペースがあったり、バスアメニティがロクシタンだったりと超贅沢なお部屋。

部屋タイプ画像
引用:センチュリーロイヤルホテル公式HP

価格

素泊まりで1人1泊約10,000円~。

朝食付きだと+3,000円~になります。

センチュリーロイヤルホテルの朝食は、全国の朝食ランキング3位、北海道のランキング1位に入るほど「美味しいと評判」です。

朝食はバイキング形式で、「いくら」や「ホタテ」など、北海道ならではの食材をふんだんに使っているそうです!

宿泊の際は、素泊まりではなく「朝食付き」をオススメします。

アメニティ・設備

旅行のもちものを決める際の参考にしたい、アメニティと設備をご紹介します。

アメニティ

アメニティ写真
mo-gu-mo-gu-.com
ハミガキセット、カミソリ、シャワーキャップ、コーム付ヘアブラシ、コットン&綿棒、タオル(中小)、バスタオル、パジャマ、使い捨てスリッパ、靴磨き用の紙、ハンドソープ、ボディスポンジ、ボディーソープ、ノンシリコンシャンプー&コンディショナー、クレンジングオイル、洗顔料、バスソルト

アメニティは一般的なホテルにあるものがすべて揃っていました。

パジャマは前ボタン式のワンピースタイプなので、苦手な人は持参したほうがいいです。

プラスで「ご当地のバスソルト」があったのが、ちょっと嬉しいサービスだなと感じました。

設備

設備写真
mo-gu-mo-gu-.com
テレビ(BS・有料放送あり)、電話、ミニ冷蔵庫、ペットボトル(水500ml)、湯沸かしポット、ドリップポット、お茶セット、ドライヤー、ウォシュレット式トイレ、ズボンプレッサー、バゲージラック、TV付バスルーム、加湿空気清浄機、インターネット有線・無線接続(無料)

ほかにもハンガーラックや、部屋用スリッパ、ペンやメモ用紙など、快適に過ごすには十分な設備がそろっていました。

Wi-Fiも電波が途切れたりせず、サクサク使えました。

ヘアアイロンやコテは置いてないので、普段つかう人は持参が必要です。

モグモグさん

変圧器やアイロンはスタッフに言えば貸してくれるよ!

まとめ

札幌・小樽観光の拠点にオススメの「センチュリーロイヤルホテル」宿泊記録をご紹介しました。

値段は一般的なホテルより少し高めですが、時間の節約にぴったりで天候にも左右されません。

ホテルスタッフの接客も感じが良く、滞在中はとても快適に過ごせました。

設備の古さは多少感じましたが、総じて満足度の高いホテルでした!!

参考URL

ホテルの詳細情報が知りたい場合はこちら

センチュリーロイヤルホテル公式HP

このサイトの航空券付きプランが安くてオススメ!

じゃらんnet

予約の際にTポイントが貯まる!使える!

Yahoo!トラベル

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。