野球の得点圏打率とは?計算方法や基準についてわかりやすく解説

野球の打者の指標の1つでもある「得点圏打率」についてわかりやすく丁寧に解説します。

この記事でわかること
  • 得点圏打率とは何かについてわかる
  • 計算方法についてわかる
  • 良い悪いの基準がわかる

得点圏打率とは?

得点圏打率とは、2塁または3塁にランナーがいる時の打率のこと。

得点圏打率を知ることで、「チャンスに強い打者」なのかどうかがわかります。

打率についてはこちらで詳しく解説しています。

野球の打率について野球の打率とは?計算方法についてもわかりやすく解説

モグモグさん

英語だと、「BA ScPos」や「RISP-BA」と表記され

Batting Average with Runners in Scoring Positionといいます。

長い..笑

メモ

ランナーが2塁や3塁にいることを「得点圏」といい、

英語だと「スコアリングポジション」といいます。

ヒットを打てば点数が入る確率が高いことを意味しており、つまりチャンスのことです。

より簡単に一言で得点圏打率をまとめ

得点圏にランナーがいるとき(チャンス)に、打つ確率のこと!

得点圏打率の計算方法

得点圏打率の計算方法について解説します。

得点圏にランナーがいる時の

安打数 ÷ 打数 = 得点圏打率で計算できます。

打率の計算方法とほぼ同じですが、得点圏にランナーがいる場合の安打数と打数を使うのがポイントです。

それによって得点圏で安打を打つ確率を求めることができます。

読み方は、「○割○分○厘」(わり/ぶ/りん)と読みます。

書き方は、「0.333」と書いたり、読み方と同じく「3割3分3厘」と書いたりします。

モグモグさん

補足!

「2塁または3塁」とは、2塁と3塁に同時にいる場合や満塁なども含みます。

安打や打数に関しては、打率の記事の中で解説しているので参考にしてみてね!

野球の打率について野球の打率とは?計算方法についてもわかりやすく解説

得点圏打率はどれくらいあるとすごいの?基準は?

プロ野球では、3割(0.300)以上かつ打率よりも得点圏打率が高いことが目安

モグモグさん

これは完全に僕の考える目安です。

打率は、一般的に3割を超えると優秀と言われています。

かつ得点圏打率が、打率よりも高いということは「通常時(得点圏にランナーがいない場合)よりも、チャンスの時に安打を打つ確率が高い」ということになるので目安としました。

参考として、2019年セリーグ得点圏打率のランキングを表にしてみました。

選手得点圏打率
會澤翼.351
大島洋平.347
菊池涼介.333
梅野隆太郎.330
ソト.328
引用: NPB.jp 日本野球機構

また、「打率と得点圏打率の差分が大きい」 = 特にチャンスに強い選手のランキングも表にしました。

選手得点圏打率打率
森友哉.411351
會澤翼.351.277
菊池涼介.333.261
梅野隆太郎.330.266
中村剛也.328.286
引用: NPB.jp 日本野球機構

得点圏打率のまとめ

野球の得点圏打率について解説しました!

最後に要点をまとめておきます。

得点圏打率のまとめ
  • 得点圏打率は2塁または3塁にランナーがいる時の打率のこと (率が高ければ高いほどチャンスに強い打者)
  • 得点圏打率は、2塁または3塁にランナーがいる時場合の「安打数 ÷ 打席数」で計算できる
  • プロ野球では3割(0.300)以上かつ打率よりも得点圏打率が高いと良い打者と評価できる

近年ではセイバーメトリクス指標の1つのOPSも良く使われます。

【野球】セイバーメトリクスとは?主な指標と合わせてわかりやすく解説野球のOPS野球のOPSとは? 計算方法や基準などわかりやすく解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。