【自作】「パームキャンドルの作り方」を丁寧に解説

パームワックスで作るパームキャンドルを紹介します。

パームワックスの特徴や扱い方を理解してキャンドルを作りましょう!

モグモグさん

こんな人にオススメです!

  • キャンドル作りに興味がある
  • 自分でキャンドルを作りたい

1つ1つ丁寧に説明してくよ!

この記事でわかること
  • 0からキャンドルの作り方がわかる
  • 自分でパームキャンドルを作れるようになる

キャンドルに必要な道具・材料

まずパームキャンドルを作るにあたって必要な道具・材料を説明していきます。

モグモグさん

ここでは「パームキャンドル」を作るために必要な道具・材料を解説していきます。

共通に必要なものはこちらの記事で詳しく解説しているので、揃えましょう!

【自作】初めて「手作りキャンドル」を作るために必要な道具・材料と基本知識を解説

パームキャンドルで必要なもの

モグモグさん

画像の番号と説明の番号が同じになっているので

画像と見比べて確認してね!

必要なもの一覧

  1. モールド
  2. 顔料
  3. ワックス

モグモグさん

それぞれ補足していきます!

モールド

今回はポリカーボネート製のディスク型モールドを使用しました。

ディスク型モールド分解

このモールドは半分に分かれるものになっています。

クリップはモールド同士をとめる為の物です。

モールドには沢山種類があるので、色々見て試してみて下さい!

モグモグさん

こちらのサイトで色々なタイプのモールドを探せます。

迷う方は、この記事で使っているディスク型を紹介しますのでそちらを使いましょう!

この記事内で使っているモールド

顔料

パームキャンドルでも着色料は顔料を使用しました。

モグモグさん

こちらのサイトでお好きな色を購入できます。

お好きな色を探してみてください!

迷う方は、この記事で使っているものを紹介しますのでそちらを使いましょう!

この記事内で使っている顔料

今回はワックスが植物性のため、紙が含まれているHTP芯を使用します。

モグモグさん

こちらのサイトで色々なタイプの芯を探せます。

迷う方は、この記事で使っているものを紹介しますのでそちらを使いましょう!

この記事内で使っている芯

ワックス

ここで紹介するキャンドルではパームワックスを使用します。

パームワックスについて詳しくは下で解説します!

補足

モールドを使用する際はクリスタルワックスの方が適していますが、今回はディスク型のモールドを使用している為フェザーワックスを使用して作りました。

筆者が使っているオススメ

パームワックスについて

モグモグさん

パームワックスについて解説していくよ!

椰子の葉

パームワックスはヤシ(パーム)の葉を精製して作られた植物性ワックスの1つです。

パームワックスの特徴

  • さらさらとした顆粒状の白いワックス
  • 炭素をほとんど含んでないのでススが出にくい
  • 特徴のあるキラキラした様な模様が出る
注意点

主に単独で使用するワックスなので、他のワックスと一緒に使用すると模様が出にくくなる。

モグモグさん

パームワックスには主にクリスタルワックスフェザーワックスの2種類があります!

パームワックスの種類

モグモグさん

形状や特性などは同じです!

  • クリスタルワックス

モールド用として使用するのに適しています。

キラキラとしたクリスタル模様が特徴です。

  • フェザーワックス

グラスキャンドル用として使用するのに適しています。

キラキラとしたフェザー模様が特徴です。

注意点
  • フェザーワックスをモールドで使用すると、細かい繊維質はモールドに密着するため型抜けしなくなります。
  • モールドに注ぐ温度が高すぎると固まった後、モールドから抜けにくくなります。
  • 抜けにくくなる為、注ぐ前にはシリコンスプレーを忘れない様にするといいです。

パームキャンドルの作り方

モグモグさん

パームキャンドルは固まり方によって出る模様が違ったりするので同じものはありません。

完成品の確認

これが完成したキャンドルです。

イメージ的にこんな感じのキャンドルを作っていきます!

全体の手順の確認

  1. ワックスの準備
  2. 着色
  3. モールドに注ぐ
  4. 固まるのを待つ
  5. 仕上げ
  6. 完成!

モグモグさん

1つ1つ解説していきます。

手順1.ワックスの準備

今回のディスク型モールドで290gのパームフェザーワックスを用意します。

ワックスを溶ける間に、使用する芯をカットし蝋引きします。

モールドにシリコンスプレーをしてモールドのセットをしておきましょう!

手順2.着色

溶けたワックスが80℃〜90℃になったら少しずつ顔料(グレー)を入れて着色していきます。

手順3.モールドに注ぐ

着色したワックスが70℃くらいになったらモールドに注いでいきます。

手順4.固まるのを待つ

大体一晩置くと完全に固まります。

手順5.仕上げ

底が平らになるようにもう一度モールドに戻してワックスを注ぎます。

底が固まり、綺麗に平らになるように鍋に底を当てて溶かして調整して下さい。

手順6.完成!

底の余分な芯をカットしたら完成です!

この様にフェザー模様が綺麗に出ました。

まとめ

パームキャンドルを作るに当たって必要な材料や手順、注意点などを解説しました。

モグモグさん

最後に要点をまとめておきます。

必要な道具・材料

  1. モールド
  2. 顔料
  3. ワックス

パームワックスについて

ワックスの特徴

  • パームワックスはヤシの葉から精製され作られた植物性ワックス
  • 特徴的なキラキラした模様
  • 主に単独で使用するワックス
  • 植物性ワックスのため、石油系ワックスよりも環境的に優しい
  • パームワックスは比較的モールドから抜けにくくなる

ワックスの種類

  • モールド用に適しているパームクリスタルワックス
  • グラス用に適しているパームフェザーワックス

全体の手順

  1. ワックスの準備
  2. 着色
  3. モールドに注ぐ
  4. 固まるのを待つ
  5. 仕上げ
  6. 完成!

モグモグさん

顔料やモールドが同じでも、ワックスが違うだけで見た目が全然変わってきます。

また温度や扱い方1つでも出来栄えが違います。

なので色々な組み合わせをしてみてどれが自分の好みなのか、是非試してみて下さい!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。