接骨院・整骨院・整体院の違いと役割を解説

ちょっとややこしい、接骨院(せっこついん)・整骨院(せいこついん)・整体院(せいたいいん)の違いと役割を短くシンプルに解説していきます。

読むと分かること
  • 接骨院・整骨院・整体院の違いを理解できる
  • 体に不調がある場合に、接骨院・整骨院・整体院どこに行くべきか判断できる

接骨院・整骨院・整体院の違いと役割とは?

接骨院・整骨院
  • 接骨院と整骨院は呼び方が違うだけで、提供することできることは同じ
  • 法律で国から認められており、各種保険の適用が可能
  • 施術は必ず国家試験である「柔道整復師」の資格を持った人が行う。
  • 骨折や打撲・捻挫・脱臼などの怪我に対する治療を行う役割をもつ。
注意

ただし、症状によっては保険の適用ができない場合があります。

整体院
  • 特に資格を持ってなくても開業が可能。
  • 国から正式に認められているものではないので、保険の適用が不可
  • 肩こりや腰痛、骨盤矯正などに対する治療を行う役割をもつ。

体に不調がある場合どこにいくべき?

まずは病院にいきましょう!

整骨院・接骨院・整体院は、診断や診察・レントゲンなどの医療行為を行うことができないので、まずは病院にいくのが良いです。

モグモグさん

まずは、正しい診断を受けましょう!

次の選択肢は、柔道整復師さんが施術を行うので基本的には接骨院や整骨院にいくのが良いかと思います。

整体院の多くは、「カイロプラクティック」などの民間療法を行う場合が多いのでそういったものを行いたい場合は選択しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。