【文字列/数値/bool】Goの基本的な型変換を解説

Go言語の基本的な型変換を解説します。

この記事でわかること
  • Goの基本的な型変換の方法が理解できる

モグモグさん

動作の確認は、The Go Playground で行っています。

変換方法

変換する場合は、strconvパッケージを使います。

実行する場合は下記のようにimportする必要があります。

import("strconv")

文字列(string)を数値(int)に変換

strconv.Atoiを使って変換

var str string = "10"
i, err := strconv.Atoi(str)

if err != nil {
	fmt.Println(err)
}
fmt.Println(i) // 10

数値(int)を文字列(string)に変換

strconv.Itoaを使って変換

補足

Itoaの場合は、エラーが返却されません。

var i int = 10
str := strconv.Itoa(i)
fmt.Println(str) // "10"

文字列(string)をboolに変換

strconv.ParseBoolを使って変換

var strTrue string = "true"   // "1", "t", "T", "TRUE", "True" でも変換可能
var strFalse string = "false" // "0", "f", "F", "FALSE", "False" でも変換可能
bTrue, err := strconv.ParseBool(strTrue)
bFalse, err := strconv.ParseBool(strFalse)

if err != nil {
	fmt.Println(err)
}

fmt.Println(bTrue)  // true
fmt.Println(bFalse) // false

boolを文字列(string)に変換

strconv.FormatBoolを使って変換

補足

FormatBoolの場合は、エラーが返却されません。

var bTrue bool = true
var bFalse bool = false
strTrue := strconv.FormatBool(bTrue)
strFalse := strconv.FormatBool(bFalse)

fmt.Println(strTrue)  // "true"
fmt.Println(strFalse) // "false"

まとめ

基本中の基本ですが、よく使うので覚えておくといいと思います。

最後に紹介した変換方法をまとめておきます。

変換方法
  • 文字列(string)を数値(int)に変換: strconv.Atoi(string)
  • 数値(int)を文字列(string)に変換: strconv.Itoa(int)
  • 文字列(string)をboolに変換: strconv.ParseBool(string)
  • boolを文字列(string)に変換: strconv.FormatBool(bool)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。