【React Native】react-hook-formの基本的な使い方を解説

WEBでもそうですが、モバイルアプリではフォームを実装することは多くのアプリで必要です。

そのためライブラリも豊富ですが、今回は簡潔にかけて、バリデーションの指定やパフォーマンスに優れているreact-hook-formの使い方を解説していきます。

モグモグさん

この記事でわかること
  • React Nativeでreact-hook-formの導入方法がわかる
  • バリデーション等の基本的な使い方がわかる
バージョン
  • react-native 0.63.2
  • react-hook-form 6.0.6

react-hook-formとは

フォームバリデーションライブラリの1つ

特徴としては、下記の点が優れています。

  • パフォーマンス(マウント数や動作速度)がいい
  • 簡潔にかける
  • WEBでも使える

スター数も25000程度ある(2022年2月現在)ので、人気のライブラリです。

iOSでもAndroidでも動作します。

補足

類似のライブラリとしては、Formikがあります。

Formikはスター数がreact-hook-formより少し上くらいです。

かつ簡潔に書けて、WEBでも使えるので、どちらも使ってみて使いやすい方を選択するといいと思います。

インストール

npmでインストール

$ npm install react-hook-form

yarnでインストール

$ yarn add react-hook-form

使い方

それでは使い方を解説していきます。

サンプルコードで基本を解説

サンプルコードを実行するとこんな画面になります。

※ iPhoneの画面をクリップしています。

補足

こちらの例では、TypeScriptを使っています。

使っていない場合は、FormDataの記述を削除してください。

import React from 'react';
import {Button, View, TextInput, Text, StyleSheet} from 'react-native';
import {useForm, Controller} from 'react-hook-form';

export type FormData = {
  firstName: string;
  lastName: string;
};

export default function SampleForm() {
  const {handleSubmit, control, errors} = useForm<FormData>({
    mode: 'onChange',
  });

  const onSubmit = handleSubmit((params) => {
    console.log(params);
  });

  return (
    <View>
      <Controller
        control={control}
        rules={{
          required: true,
        }}
        render={({onChange, onBlur, value}) => (
          <TextInput
            onBlur={onBlur}
            onChangeText={onChange}
            value={value}
            style={styles.input}
          />
        )}
        name="firstName"
      />
      {errors.firstName && <Text>This is required.</Text>}

      <Controller
        control={control}
        rules={{
          maxLength: 10,
        }}
        render={({onChange, onBlur, value}) => (
          <TextInput
            onBlur={onBlur}
            onChangeText={onChange}
            value={value}
            style={styles.input}
          />
        )}
        name="lastName"
      />
      {errors.lastName && <Text>Too long.</Text>}

      <Button title="Submit" onPress={handleSubmit(onSubmit)} />
    </View>
  );
}

const styles = StyleSheet.create({
  input: {
    backgroundColor: '#fff',
    padding: 15,
    borderColor: '#e0e9f1',
    borderWidth: 1,
    borderRadius: 5,
    marginTop: 10,
  },
});

コードのポイント

  • TextInputなどのフォーム系コンポーネントをControllerで囲う
  • control={control}を渡す
  • nameにフォーム名をつける(errroshandleSubmitのkeyになります)
  • 送信時にhandleSubmitを呼ぶ
  • rulesにバリデーションを設定できる
  • バリデーションエラー情報は、errorsで取得できる

フォーム2つを正確に入力した状態で実行

nameをkeyとしてフォームデータが取得できます。

console.logの出力結果です。

{firstName: 'First name', lastName: 'Last name'}

バリデーションを検証する

このコードでは、2つのバリデーションが設定されています。

  • firstName: 必須
  • lastName: 10文字まで

firstNameを空欄にし、lastNameで11文字入力するとerrorsにオブジェクトが入るので必要なエラー情報などを表示することできます。

モグモグさん

ここまでが基本の使い方です。

次からよく使う使い方をいくつか解説していきます。

バリデーションをトリガーするタイミングを変更

バリデーションをトリガーするタイミングは、modeで変更可能です。

例えば、onSubmitを渡すと、Submitイベントからバリデーションが実行されます。

onChangeは、入力のたびに実行されるのでリアルタイムのバリデーションが行えます。

const {handleSubmit, control, errors} = useForm<GoalFormData>({
  mode: 'onSubmit',
});

詳細は公式のドキュメントを参考にしてください。

バリデーションを設定

react-hook-formでは、よく使われるバリデーションが用意されています。

また、自分でカスタムのバリデーションを設定することも可能です。

rules={{
  required: "必須項目です", // 必須。このようにmessage自体を渡して、errors.firldName.messageで取得することも可能。
  maxLength: 5, // 文字数制限
  pattern: /^[A-Za-z]+$/i, // 正規表現
}}

バリデーションが失敗すると、errorsオブジェクトには、下記のようなデータを受け取ります。

{
  message: "必須項目"
  ref: {name: 'firstName', focus: undefined}
  type: "required"
}

typeを取得し、それぞれのバリデーション項目のメッセージを表示するようなことができます。

モグモグさん

バリデーションの詳細は公式ドキュメントを参考にしてください。

まとめ

React Nativeでの、react-hook-formの使い方の基本を解説しました。

他にも応用的な使い方もあるので、公式ドキュメントを読みつつ、ユースケースに合わせて使ってみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。