Localを使って既存WordPressサイトをそのままローカル環境に持ってくる方法を解説

Local(旧Local by Flywheel)を使って、既存のWordPressのサイトをローカル環境にそのまま持ってくる方法について解説します。

この記事でわかること
  • 本番環境もしくはテスト環境で動いているWordPressのサイトをローカル環境に持ってこれる
  • Localのimport/新規サイト追加の使い方がわかる
バージョン
  • Local 6.2.0

Local(旧Local by Flywheel)とは?

WordPressの環境を簡単に作れるサービス

今までは、MAMPを使うことが多かったですが、現在ではLocalを使うことでより簡単に作れるようになりました。

補足

MAMPとは、前からあるWordPressに必要な環境を揃えるサービスです。

  • M: Macintosh(Windowsでも使えます)
  • A: Apache (Webサーバー)
  • M: MySQL(データベース)
  • P: PHP

※PHPが動く環境が作れるので、WordPress以外にも使われます。また、XAMPPもよく使われます。

Localをダウンロード

モグモグさん

早速、手順を解説していきます。

まずは、Localをダウンロードします。

公式サイトからご自身の環境に合わせてダウンロードしてください。

本番環境のファイルをダウンロード

本番環境のファイルをダウンロード

本番環境がどのサーバーで動いているかによってディレクトリ構成が異なりますが、ポイントは下記のファイルが存在する1つ上のディレクトリをまるっとダウンロードしてください。

補足

下記のファイル以外にもファイルやディレクトリがあります。

  • index.php
  • wp-config.php

例1) こんなディレクトリ構成になっていたら、wwwをダウンロードします。

www/
  - index.php
  - wp-config.php
MailBox/
  - test.html

例2) こんなディレクトリ構成になっていたら、public_htmlをダウンロードします。

public_html/
  - index.php
  - wp-config.php
script/
  - test.html

本番環境のsqlデータをダウンロード

次にローカルに持ってきたいデータをダウンロードします。

レンタルサーバーを使っている場合は、多くの場合管理画面からダウンロードできます。

ご自身でデータベースを用意している場合や手動でエクスポート/dumpをする場合は、WordPressサイトで利用しているデータベースを選択し、全てのテーブルを含めた状態で実行(dump)してください。

モグモグさん

ファイル名.sqlのように拡張子が、.sqlになっていることを確認してください。

sqlデータを本番環境のファイルに含めてzip化

ここまでの手順で、下記2つのファイルがローカルにあると思います。

  • 本番環境のファイル群
  • 本番環境のsqlデータ

Localに移行するためにsqlデータをファイルに含めます。

sqlデータを本番環境のファイルに含める

含める場所は、index.phpwp-config.phpがある階層と同じ階層に含めます。

例) こんなディレクトリ構成になっていたら、wwwの中にsqlデータを移動します。

www/
  - index.php
  - wp-config.php
  - your-data.sql

ディレクトリをzip化

sqlデータを含んだディレクトリをzip化します。

モグモグさん

上の例だと、wwwをzip化します。

ディレクトリ名は任意です。

補足

sqlデータを含めることで、Localの方でリンク等を書き換えてくれます。

Localにインポート

最後にzip化したファイルをLocalにインポートします。

Localを開いてimportを選択

Globalメニューから、Import Siteを選択して、先ほどzip化したファイルを選択します。

importを実行

サイトの名前や、pathを変更する場合はご自由に設定してください。

pathはLocalのデフォルトになるので、管理しやすいpathに変えておく方がいいかもしれません。

PHPやWebサーバーのバージョン設定などもご自由に設定してください。

特に制約がなければ、Preferredでいいと思います。

サイトを起動する

importが成功すると、サイトをローカルで起動できるようになりますので、起動して動作を確認してください。

URLが本番環境になっていたりすることもなく、正常に動作していると思います。

モグモグさん

もしImportが失敗した場合は、手順を見直して下さい。

わからない場合は、Twitterやコメントで質問して下さい。

まとめ

今までは、データベースの設定を変えたりする必要がありましたが、簡単にローカル環境を作ることができました。

最後に手順をまとめておきます。

手順のまとめ
  • Localをダウンロード
  • 本番環境のWordPressファイルをダウンロード
  • sqlデータをダウンロード
  • WordPressファイルにsqlデータを含めてzip化
  • Localでzip化したファイルをimport

1 COMMENT

匿名

すごくわかりやすかったです。
いままで失敗しまくりだったんですが、こちらの手順ですんなりいきました。
ありがとうございました。

返信する

匿名 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。