BscScanでバイナンススマートチェーン上にあるTokenのソースコードを読む方法を解説

BscScanでバイナンスのブロックチェーン上にあるTokenのソースコードを読む方法を解説します。

基本はBEP-20などの標準に従った形で実装されていることが多いですが、Tokenのコードを見るとき独自のTokenを実装するときなどの参考になります。

目的のTokenを見つける

まずはBscScanで目的のTokenを見つけます。

BscScanでTokenを探す

今回は、ブロックチェーンゲームで有名なAxie Infinityの独自通貨のAXSを例にしてみます。

こちらの画像の色が変わっている箇所をクリックして詳細ページに遷移します。

Tokenのソースコードを読む

それでは目的のTokenのソースコードを読んでいきましょう。

Tokenのコントラクトアドレスをコピー

BscScanの詳細ページ

Contract」の箇所のアドレスをコピーします。

コントラクトアドレスとはToken固有のアドレスです。

メモ

Tokenの名前やシンボルは重複することもありますが、コントラクトアドレスは必ず1つになります。

コントラクトアドレスを検索してContractタブを表示

コピーしたコントラクトアドレスを検索して表示されたページのContractタブを開くと「Contract Source Code」を見ることができます。

モグモグさん

BSCのAXSのコードは、UpgradableProxyというProxyをかました形になっていることがわかります。

まとめ

BscScanでバイナンスのブロックチェーン上にあるTokenのソースコードを読む方法を解説します。

Tokenのソースコードを読む方法まとめ
  • BscScanで目的のTokenを探す
  • コントラクトアドレスを検索
  • Contractタブを表示

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。